まつ毛を変えて可愛くなろう

美容も大切ですが健康第一!乳がんなどにも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳房には脂肪と乳腺組織が存在していますが、乳癌は乳腺から発生する癌となっています。
乳癌は細胞の遺伝子異常の蓄積によって発生することが分かっており、発生や進展などがホルモンに依存していることが特徴です。
大人の女性の乳房は乳頭を中心に乳腺が放射状に並んでいるのですが、それぞれの乳腺は小葉に分かれて乳管によって繋がっています。
乳癌の90%は乳管から発生すると言われているので注意しましょう。
胸の画像
乳癌は外側上部に最もできやすいと言われており、下部にはあまりできないということです。
また、早期乳癌とは癌の腫瘍の大きさが2cm以下で胸壁に固定されておらず、皮膚病変やリンパ節の腫れなどがない状態のことを指しています。
できるだけ早めに発見した方が完治させやすくなりますし、定期的に検査を受けた方が良いでしょう。
日本では乳癌に罹る人がかなり増えており、1年に1万人以上がこの病気で亡くなっているということです。
乳癌は50歳以上で閉経後の女性が特に罹りやすいと言われているので注意しましょう。

話は変わりますが最近ではエステサロンやクリニックでIラインの脱毛を受ける人が増えています。
Iラインは普段人に見せる部分ではないのですが、この部分の脱毛を行っておくことでさまざまなメリットがあります。
まずIラインの脱毛を受けることでムダ毛がはみ出す心配がなくなりますし、お洒落な下着や水着を着こなすことができるでしょう。
また、生理や暑い時期なども蒸れにくくなりますし、デリケートゾーンの清潔を保ちやすくなります。